理想の住まいを造るには、エクステリアも重要です。イメージを固めてから造ると、統一感のあるものができます。

統一感のあるエクステリアで素敵な住まい

統一感のあるエクステリアで素敵な住まい

統一感のあるエクステリアで素敵な住まいに

エクステリアとは大きな意味で、家の外観のことです。家の外壁なども含まれますが、一般的には庭や門、駐車スペースや塀などのことを言います。家の内側を充実させることはとても重要ですが、それだけでは良い家とは言えないと思います。なぜなら、エクステリアを含む家の外側は、よその人から見えるものであり、そこに住む人たちがどんな人なのか想像させるものだからです。評判を気にしすぎるのもいけませんが、まったく無関心なのもどうかと思います。周囲とうまくやっていくためにも、さりげなく気の利いたエクステリアを目指すのがいいのではないかと思います。もちろん、自分の理想の形や好みを加えるのも忘れないでほしいです。家は内側だけでなく、外側も充実してこそ、心地よい住まいになるからです。

知り合いの家で、素敵だなと思うエクステリアが幾つかあります。それらは、さっと通り過ぎた時も、じっくり眺めた時も、どちらも落ち着いた気持ちになれるのが不思議です。どこにそのコツがあるのか聞いてみましたが、どの家庭も統一感を重視したと言っていました。確かに、ひとつひとつが素敵でも、バラバラな印象だと見ていて落ち着きません。その点、彼らの選んだものは適度な主張があるものの、全体的にまとまりがあるものでした。どうしたらそうなれるのか教えてもらいましたが、全員が「大まかなイメージを決めて、それに従う」という答えが返ってきました。

具体的には、絵を描いてイメージを確定するのが大事だそうです。漠然としたものから、色や形をはっきりと決めやすくなるので、下手でも頑張って描いてみるのがいいそうです。イメージが固まれば細かい部分も決めやすくなり、業者への注文もしやすくなるそうです。時には、業者の方から「それは難しい」と言われることもあるそうですが、具体的な構想が伝わっていればそれに代わる案を出してもらえるので、やはりイメージ固めは重要なようです。誰しも理想の家に暮らしたいという願いはあると思います。エクステリアも家の一部です。自分が思ったとおりの出来上がりになるように、頑張ってほしいと思います。

おすすめサイト

Copyright (C)2014統一感のあるエクステリアで素敵な住まい.All rights reserved.